柱や壁を壊して間取りの変更はどこまでできる?

どこまででも可能です。
ただし、安全建物として計画する必要がございますので、適切に補強計画を行った上で新たな柱、梁、耐震壁などを計画します。